親知らず

奥歯の奥の歯

親知らずとは

親知らずとは

親知らずとは、前歯の中央から8本目にある歯のことです。昔の人は顎が大きかったため、正常な奥歯として生えていましたが、現代人は顎が小さく充分に生えるスペースがないため、おかしな向きで生えてきたり、歯ぐきに埋まったままだったりします。

親知らずを抜歯する理由

親知らずを抜歯する理由

親知らずの多くは生え方が曲がっており、食べかすが詰まりやすい上にブラッシングがしにくいため、虫歯になりやすくなっています。そして、正しく生えている手前の歯まで虫歯にしてしまったり、周囲の歯ぐきに炎症を起こしたりしてしまうのです。

さらに、その痛みが辛いのはもちろん、正常な歯を前へと押し出し、歯並びや噛み合わせも悪くしてしまいます。

正常に生えている場合は問題ありませんが、上記のような異常がある場合は、抜歯したほうがよいといえるでしょう。

親知らずを抜歯しなくてもいい場合

親知らずを抜歯しなくてもいい場合

親知らずが正しい向きで生えていて、虫歯もない場合は、特に抜歯の必要はありません。

それどころか、抜歯せず残した場合には、将来ほかの歯を失った時にブリッジに利用できたり、入れ歯を安定させるために使ったりすることもできます。また、失った歯の代わりに移植できる可能性もあります。

当センターでは、CTなどで親知らずの状態をよく確認し、患者様とよく相談したのち、抜くか抜かないかを判断しています。

抜歯体験の声

お口のお悩み、まずはご相談を。

24時間 受付中 オンライン診療予約